ありえない読売の調査結果

ひどい、というかよくもここまで自己中心のネタ(こんなもん記事ではないでしょ)を発表するなと感心する。「全国世論調査(面接方式)」だって。相手は誰だろう? 「わからない」はどちらにカウントしたのだろう。そんなに自信あるなら自社じゃなくて正々堂々と公正な第3者による無作為調査依頼したらどうか? この面談調査を受けた人が誰かブログにその様子を書いてくれると面白いのだけれどなあ。

少なくとも僕の周囲では新聞を購読していないか購読していても日経だけだ(仕事で必要だからね)。日経は高いから再販制度維持なんて誰も思っていないよ。自分達が7%未満のマイナー層だとは思ったことないけどねえ(w

新聞の特殊指定「存続」84%望む…読売世論調査 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞):
 調査で、再販売価格維持制度(再販制度)の存続についても聞いたところ、「続ける方がよい」が85%で、「変える方がよい」は11%だった。同様の質問は、1995年以降、過去4回行っているが、95年の87%に次ぐ高水準だった。
<中略>
インターネットなどの普及により多メディア時代になっても、「新聞は必要」と考える人は計93%に達した。

「調査」と書いたら必ず調査方法、母集団の特性、数、抽出法、回答率、標準偏差を併記させる。さらに設問内容も誘導・作為的でないことを証明するためにWebで公開させる。それこそ立法化してほしいな。

[][]

0 件のコメント: