映画マトリックスの分析

映画「The Matrix」の2,3に関する分析を試みたエッセイ。
ネオとエージェント・スミスの類似性とか、何の象徴なのかとかいろいろ述べているんだけど、いまいち理解できん。何か面白い洞察があればまた追記します。そもそも金儲けの映画なんだし、The Matrix(1)の後から無理やり考えたシナリオだから、意味を見出すこと自体が無意味との指摘もある。いろいろ調べているうちに、下の本のパクリだという話にも遭遇。とりあえずメモっておこう。

The Futurological Congress (From the Memoirs of Ijon Tichy)
Stanislaw Lem
Harcourt (1985/10)
売り上げランキング: 509,009


[][]

0 件のコメント: