Amazon S3の実力

最近は、これは!というスピーチはリアルタイムでブログ更新されるようになっている。昨日行われた、WWDC07のジョブズのKeynoteスピーチもそう。satomi氏リアルタイム翻訳(GJ!)のGizmodeとかEngadgetとかね。

一方でちょっと風変わりな実験が行われたようだ。
Live Events - Nashville SEO, SEM, Internet Strategy and Web Design:
Sitening will have live coverage of Steve Jobs' WWDC07 Keynote on June 11 from 10:00-11:30AM (PST). We will be broadcasting the coverage on both Twitter and Amazon S3 (for those who want to follow the live coverage on a web page).
TwitterとAmazon S3(Simple Storage Service)の2種類を使って、いわゆるインフラテストをやったっちゅーことです。Twitterは自身の能力の問題なので置いておくとして、面白いのはAvailability=Three Nine(可用性99.9%)を保証する商用サービスであるAmazon S3を使ったライブブロギング。



上のような感じでライブブロギングが行われたわけですが、結果、1時間半の統計としては、
  • 7枚の写真
  • 130のテキスト記事投稿
  • 20000 ビジター
  • 50000ページビュー
  • 500万httpリクエスト(15秒単位の自動リフレッシュ込み)
  • 47GBの転送量
  • コンテンツは17KB、イメージは200KB
となり、S3は転送量課金なのだが、これでたったの$10(1200円)だったそうだ。明朗会計、後腐れなし。用途にもよるだろうが、いよいよ所有するITの時代が遠ざかっていく足音が聞こえてくる感じだなー(おっと、AmazonもGoogleも使っていない「SaaS」なんて言葉で呼ばないこと)。

*Related post*
*Updated*

1 件のコメント:

りんもん さんのコメント...

mpeg3iTunesストアでもフリーで売られていましたね。あ、あれはゲイツとのカンファレンスかな。
まあ、とにかく、自分で書ける部分は本当にお茶話的になってきてしまいました。「ちょっとニュース」は存続の意味があるのか?手な感じですが、まあ、○スターベーションですから。
Google漬けですが、おつりで、google.chottonews.comも上げてみました。Bloggerが他にあるからか、今一の機能。
あとね、素のgmailでは、spreadsheetやグループとかいろいろ連動できるのにドメイン移管で出来ることが少なすぎます。まあ、gmailの機能だけでも楽しいし楽になったので、オケだけれど。