iPhoneを買おうとして踏まれるヤツが出るオッズ

iPhoneが彼の国ではまもなく発売ですが、月額料金表も発表されたりして盛り上がってきてるのかな? BetUS.comでの賭け状況はこうなっているらしい。
うーん、盛り上がっているのか醒めてるのかよくわからんなー。オッズの表現は、ある事象が発生する確率 (P)/その事象が起こらない確率(1-P)。
  • 消費者がiPhoneのためにキャンプを張ってレポートする - 3/1
  • 最初のiPhoneはリコールされる - 30/1
  • iPhoneは2008年中に少なくとも1200万台売れる - 5/6
  • アップルの株価は2007/6/30に少なくとも10%上がる - 1/2
  • eBayで消費者は少なくとも3倍の値段で買う - 2:1
  • 初代iPod-nanoみたいにスクリーンが欠損している - 150/1
  • バッテリーは約束された8時間も持たないゾと大量報告される - 10/1
  • iPhoneを買おうとして踏まれるヤツが出る - 20/1
  • iPhoneは自然発火する - 150/1
踏まれるヤツが出るが20という予想はオモロイ。スクリーンの件は余程信用がないのかな?

それはそうと、iPhoneのVoicemailと連携するようなTwittergramも1~2年くらいのうちに出るかもしれないね。制限の緩和次第次第だろうけど。

0 件のコメント: