Googleが狂喜乱舞

Googleページに行き、アドレスバーをクリアして、以下のスクリプトをコピペしてEnter。
javascript:R=0; x1=.1; y1=.05; x2=.25; y2=.24; x3=1.6; y3=.24; x4=300; y4=200; x5=300; y5=200; DI=document.images; DIL=DI.length; function A(){for(i=0; i-DIL; i++){DIS=DI[ i ].style; DIS.position='absolute'; DIS.left=Math.sin(R*x1+i*x2+x3)*x4+x5; DIS.top=Math.cos(R*y1+i*y2+y3)*y4+y5}R++}setInterval('A()',5); void(0);
やってみそ。

Via Google Blogoscoped

*補足*
google.com(英語モード)でね。日本語版でもオケでした(汗)

7 件のコメント:

りんもん さんのコメント...

さっそく
やって
みました
が、あまりにも早いので
マウスで
追っかけられなかったです。
ちなみに来週の前半は東京です。
と、予定まで書いてみた。

ちゃめ さんのコメント...

私もやってみました。
日本語版でも、「乱舞」してました。
「クリックしたら何かあるのか?」と思いましたが、そこまでは無理でした(笑)。

りょーち さんのコメント...

こんにちは。りょーちと申します。

画像の数を数えてsin,cosで計算した値で動かしているようですね。
ですので、勿論画像があるページなら何でも画像が動きますね。

関数の値を変えればいろいろな動きができそうですね。
なかなか面白かったです(^^;

ではでは。

xpotechi さんのコメント...

いや、皆様どもども。うーむ。日本語版OKですねえ。なんであんなこと書いたんだろ?(笑)

りょーちさんがおっしゃるとおり、ちょい細工すればビューンと回したり、クリックしようとしたら逃げる画像とか、アイデア次第でいろいろできますね。

satomi さんのコメント...

アレ以来のヒット。

satomi さんのコメント...

たびたび。

1.グーグル画像検索で画像の元ページ開いて狂わせる。
2. Google Language Tools
3. Amazon
4. グーグルNews

この4つがドラマチックだよ。
試してみい。

xpotechi さんのコメント...

>satomi氏
おお、確かにスゴー! 万国旗が回るネタは思いつかなかったなあ。紹介してくれた過去技と合わせるとさらに狂った感じになるわい。