壁一面の写真はいかが?

写真を壁一面に貼りたいと思ったことある? でもA4プリンタしか持ってないって時はRasterBatorがいい。これは写真をn分割して、巨大印刷用にn枚のpdfを出力してくれるオープンソースのツール。現在はVersion 1.2だが、Version 1.0が出たのは2005年2月6日というから2年前。でもあんまり日本では知られていないみたい(2004/11に安藤日記でちらっと紹介されている)。
The Rasterbator 1.2 at arje.net:
The Rasterbator is an application which creates rasterized versions of images. The rasterized images can be printed and assembled into enormous (or smaller, if you prefer) posters. Enter the online Rasterbation Gallery to see what the images look like.
Rasterbatorは元々はhomokaasu.orgってとこでWebアプリとして開発されたが、人気を博して負荷に耐えられなくなったので、スタンドアロン版が出たとのこと。ソースコードはGPLライセンス。Web版も依然存在するが、アクセスすると結構重い。

スタンドアロン版は、.netアプリとなっており、稼動条件は次の通り。
  • .net 1.1 ランタイム
    (Linux/MacユーザーはNovellがスポンサーのMonoで.netアプリが動くかも...)
  • Flash7以上
  • モダンブラウザ(MozillaかFirefoxがお奨めって書いてある)
  • Adobe Readerかその他pdfビューア
僕はAdobe Readerは使っていないので、Fox it Readerを使用。起動すると、写真選択から始まって、簡単なウィザード形式の質問が続くので、それに答えてゆくだけ。写真素材は自分のでもいいけど、ゲージュツっぽいのがいいという方は、FlickrのCreativeCommonsライセンスのものやWikipediaのPublic domain image resourcesとかから選ぶ手もある(実際に使う場合には個々に許諾条件を確認する必要はあります)。

rasterbator1

印刷は白黒、カスタムカラー、自動が選べる。指定にもよるが、生成された各ページはこんな感じ。生成時間は枚数によるが30秒~1分前後。

rasterbator2

「プリンターインク製造メーカーの陰謀か?」という問いには一応「No」とあるが、確かにインクはかなり使うだろう。ギャラリーを見ているとても面白いんだが、アクセスが集中しているのか重いのが難点....。

で、壁一面に何を貼るかで思い出したのが、satomi氏の陰謀写真。 壁に激突するかもなあ >自分。

0 件のコメント: