矢切の渡し

From Shibamata

日曜は葛飾柴又から矢切の渡しへ。一番の発見は「音」。渡し舟は初めてではないが、川の流れや何もない周囲の環境の違いのせいだろうか、あんなに静かなものだとは思わなかった。風の音と「キーコ、キーコ」と櫂を漕ぐ音だけが耳に届く。

さすが、「残したい日本の音風景100選」に選ばれただけのことはあると感心する一方、大阪やったら川沿いに立ち並ぶ「矢切茶屋」からきっと細川たかし(ちあきなおみ版もある)のあの曲が拡声スピーカーでガンガン流れているやろうなあと正直思った次第...(笑)

(Click photo to start slideshow)

0 件のコメント: