WebでOffice2007をTest Driveする

前の記事に追記で書きかけたが、別記事として再アップ。MicrosoftがWeb版のTest Driveをリリースしたようです。Firefoxでは動かず、Windows98/2000/XP上のIE5.5以上で動作するとのこと。

Web版と聞いて「おっ!」と一瞬期待したんだけど、Citrix Browser Plugin(ActiveX Control)が導入される。ajaxアプリではなくMetaFrame。画面差分が配信され、マウス・キーボードイベントがサーバーに送られるという実行形式だ。ダム端末のGUI対応版と思えばよい。コレ自体で実用になるというより、本家Office2007を不要にするわけにはいかないので「お試しでちょっと使ってみたい」という、まさに試用向け。

さて、ActiveX Control導入が終わり、基本チェック、アンケートなどに答えると、166番目の待ち行列に入った。所要待ち時間は382分と表示されたが、実際に待ったのは1時間弱かな? 定番EXCELとWORDを試してみる。英語版をリモートで使っているのでMS-IMEはなく、日本語は入力できない。でも、機能はそれなりに試すことができる。

Office2007-1

Office2007-2

うーん、CPUやメモリを使う機能が満載。これにVistaではAeroが加わるんでしょ? 一体、ワープロや表計算ソフトにどこまで凝れば気が済むのか...。混んでいることも相まって動きも遅いので、逆宣伝効果にならねばいいんですが。

0 件のコメント: