もう一つの6月29日

"So I admit it: I bought an iPhone"「んああ、認めるよ。オレはiPhoneを買った」(ディラン風に、笑)とかなんとか、とにかく、iPhone, iPhone, iPhoneの嵐が吹き荒れているようだ。IT系のブログ記事動向がわかるTechmemeもiPhone一色。赤い網掛けがiPhone関係記事。Apple Storeの素晴らしい客捌き(購入時間が1人1分だとか)の一方で、AT&Tへの不満に関心が集まりつつある。



ところで、こんな中にあっても青い網掛けのGoogleはその存在をアピールしている。どんな記事かと読んでみたら、「薬指くっつけるなら12000ドル、中指なら60000ドル」の選択を迫るシーンが話題のMichael Mooreの「Sicko」に対し、Google Health Advertisingチームがブログで言及している件。そうでした、6月29日はiPhoneの発売と同時に、Sickoの公開日でもあったのだ。
Sickoは米国医療業界問題を扱ってますが、悲劇をリンクさせ扇情的である一方で、Michael Mooreは医療業界が行っている努力には何も触れてないので、ネガティブな論調が増えるんじゃないかと懸念を表明している。医療業界に対し、正しい情報を人々に伝えるべくGoogleを利用してくれと言っている。医療業界企業のWebにはそういうことが掲載されているのかもしれないが、見つからない情報は存在しないのと同じだと。

これは記事を書いたLauren Turnerの個人的意見ではなく、エリックシュミット、ラリーペイジ、セルゲイブリンを含めたGoogle社が、「間違った印象操作を防がねばならない」という意思を表明したのだろうという推測もある。Sickoの映画レビューは高評価なだけになおさら興味深い。

*updated*
予想とは違って、彼女の記事は大ブーイングだったみたい。GoogleのMatt Cuttsが簡単にいきさつをサマってくれている。
  1. Googleは新たに health advertising blogを始めた。先週末に従業員のLauren TurnerがSickoに対する否定的な記事を書き、Sickoに同意できない医療企業は自らの意見を広告できると言及。
  2. Google BlogoscopedのPhilipp Lenssenが「不愉快だ」と断罪
  3. ブログを読んでみたら「( ゚Д゚)マズー」と思ったが、どうなるかしばらく様子を見ることにした
  4. 多くのブロガーが非難のコメント
  5. Laurenは後続記事をポスト。(あの記事は)Googleの見解ではなく、彼女個人の見解と明言。
このあとMatt Cuttsはブログの書き方心得を掲載。推敲の大切さとか。しかし、問題はこれで終わらなかった。Laurenは後続記事にはこんなくだりが。
Google Health Advertising Blog:
Whether the healthcare industry wants to rebut charges in Mr. Moore's movie, or whether Mr. Moore wants to challenge the healthcare industry, advertising is a very democratic and effective way to participate in a public dialogue.
「広告はとっても民主的」とやってしまった。「広告には資金が必要」という点を彼女は見落としているために、これが新たな火種になっている。

Philipp Lenssenも再びGoogle's Ad "Democracy"という長文記事を掲載。「金を払い」「他の検索結果と戦い」「Googleがその金でキャンペーンを張るんだ」という現実を事例交えて解説している。また純粋に技術者ドリブンと思われているGoogleに広告営業部隊が居ることにも触れている。

Matt CuttsはTechCrunchのMichael Arringtonの意見に同意。
Google Faux Pas Retracted:
What I don’t want to see is Google start to reign in its bloggers. As a public company Google is almost certainly putting blog posts through their legal and PR departments before they go live (how this slipped through is a mystery). If too many situations like the one above occur, they’ll start to add more policies and layers of review. If that happens, we’ll all have less insight into what’s going on there. I’m hoping it doesn’t.
Googleが自社ブロガーの支配を始めるなんて見たくはないと。Googleは公開会社としてたくさんのOffcial Blogを有しているので、Lauren Turnerのようなケースが多発すれば、それなりにレビューをしなくちゃなんない。そんなのは望まないってことだ。

何はともあれ、わかったことが2つある。1つは真実を知るために僕はSickoを観なくてはならなくなったということだ。2つは僕は女性ブロガーに弱いということ(笑) 

まさかと思うが、これらすべてSickoのAdだったってことはないだろうねえ....。

6 件のコメント:

ちゃめ さんのコメント...

 興味深い動きですね。
 個人的には、途上国での治験(インフォームド・コンセントすらなされていないと批判を浴びている)に関心がありますが、片方のサイドの見方のみが大々的に喧伝されるのは、ちょっと由々しき事態ですね。
 IPCC第四回報告書で予測された2100年時点の海水面上昇予測が、これまでよりも低めの数字を示した事で、鬼の首を取ったかのように騒いでいる人たちもいますが、正しい情報(※)へのアクセスは、妨げられてはならないですね。

※:
 正しい情報というのは、非常に曖昧な表現ですね(笑)。

>見つからない情報は存在しないのと同じだと。

 なるほど。

 余談ですが、最近、Google の検索結果そのものに、商業サイトが随分増えたような気がします。
 長くなってしまいました、スイマセン。 :)

xpotechi さんのコメント...

お、ちゃめさんが長文コメントとは珍しい!
おっしゃるとおり「正しい情報」の意味は奥深い。

商業サイトだけでなく新聞記事や論文でも恣意性はありますし、恣意性=隠された主観と考えると、それらをどう見抜くかは検索結果の多様性にかかっていると思っています。1の「一見まともそうな」情報より10の玉石混合の情報の方が僕にはありがたいですね...なーんて言いつつも、ニセジョブズをTwitterでfriend認定してるワタシです。ぜんぜん説得力なし(汗

xpotechi さんのコメント...

追記。これ読みましたよ。憤りの理由がわかりましたです

ちゃめ さんのコメント...

 どもでーす。
 拙文に時間を割いて下さり、有難うございまーす。

>恣意性=隠された主観と考えると、それらをどう見抜くかは検索結果の多様性にかかっている…

 全くその通りですね~。

 Update も拝見しました。
 すごい展開になっているようですね!
 びっくりです。

satomi さんのコメント...

これはアチャー、でしたねー。グが判断下すのは情報のつまみ食い以下のような…。世論形成の上で自分が圧倒的に強い立場にいるという自覚が足りない、奢りに取られてもしょうがないですね。

xpotechi さんのコメント...

泣く子も黙るMatt Cutts様にお仕置きされているのでは?