Getting Real

O’Reillyの新しいレポートが読むに値するかどうかは他の方にお任せするとして、Timのブログには「$375は高すぎる」との非難コメントが。口火を切ったMattってあのMatt Cutt??? 一方で最近、37Signalが出したGetting Realは16の章と91のエッセーから構成され読み応え十分。オンラインで読むのはタダだし、PDF版は$19だ。Web2.0型自費出版サイトのLuLuから出ているpaperbackでも$29。げー、こんなんが出ていたとは....これと比べるとまあ割高感は否めないな。

さらにGuardian Unlimitedで面白そうな特集を発見。冗長かつ叙情的な気軽な読み物という感じなんだけどね。
A bigger bang | Weekend | Guardian Unlimited:
Everybody sitting at a computer screen is alone. Everybody sitting at a computer screen is at the centre of the world. Everybody sitting at a computer screen, increasingly, wants everything to be all about them. This is our first glimpse of what people who grow up with the net will want from the net. One of the cleverest things about MySpace is the name.
Web 2.0 specialという特集が組まれていて、NetvibesのTariq Krim、Del.icio.usのJoshua Schachter、DiggのKevin Rose、Blogger/OdeoのEvan Williamsといった著名なstartupsの起業家達に
  • What is Web 2.0?
  • What is your big idea?
  • The next big thing?
といった質問をぶつけて記事にしている。FlickrのCaterinaタン(笑)も出演中。

0 件のコメント: