The Top Social Networks of 2006

年末ともなると総括や予測を兼ねた記事が増える。Mashable.comのSocial Networking Awards - The Top Social Networks of 2006で、今年の総括をやっているのだが、1年で様子がごろっと変わったというか、増えましたねえ。知らないサイトが多い。

カテゴリごとに、「Mashable.comが選んだサイト」「読者が選んだサイト」「来年ブレイクしそうなサイト」が挙げられている。ひとつひとつは紹介しきれないので、個別にチェックしてみてください。僕は、Pageflakes, ReverbNationが気になった。satomi氏オススメのSlide.comも入っているな。

カテゴリ
読者が選んだStartups
MainstreamMultiply
Widgets and Add-onSlide.com, Zwinky
BookmarkTrailfire
PhotoTwango
VideoGotuit
Start PagePageflakes
MusicReverbNation, MOG
ShoppingThisNext, Etsy
Niche
Dogster, LibraryThing,

これを書いてて思ったのは、先日読んだ、梅田望夫氏と平野啓一郎氏の「ウェブ人間論」に書かれている「島宇宙」という言葉。DogsterやLibraryThingなんてそのものじゃないかな? 知恵として、現実社会を離れ島宇宙でサーバイブする生き方。

これは現実社会を牛耳る側からみれば、勝手にガス抜き機構ができて、予定調和アリガトーってなるだけではと思える。メディアとか一部の業界以外はさして変わらずに済む。若者はますます政治に参加しなくなる。結果、組織票を持つ宗教団体と宗教並みのイデオロギー政党を利することになる→現実世界はますますオカシナことになる→さらに島宇宙への脱出者が増える、という際限ない循環に陥って、最終的に皆は仮想世界に生きるマトリックスに...。

ところでこの本、梅田氏と平野氏の年齢が逆では?と思うことがしばしばあった。The Internetならぬ、The Outernetの世界の経験も多い梅田氏だからこその言い分はわかるのだが、アメリカ的個人主義も影響しているのかなと。人は何のために生きるのか、と大上段に構えるつもりはないけど、OLPCKivaやような方向性が議論されなかったのはやや物足りない感じがしたな。

ウェブ人間論
梅田 望夫 平野 啓一郎
新潮社
売り上げランキング: 95

4 件のコメント:

satomi さんのコメント...

こないだ多言語男tetsu氏が「全資産2,200ドル以上の人は世界所得番付の上位半分」というエントリ立ててたよ。だからこそのOLPCなわけだけども、驚くなかれ、番付けの下半分は世界の富の1%を分けてるらしい。

ていうトピ立てよう立てよう思ってるんだけど、なかなか話が込み入ってまとまらんのよ。

りょーち さんのコメント...

こんにちは。りょーちと申します。
はじめてコメントいたします。
#密かにアンテナでいつも拝読しておりました。

私も、この元記事を拝見しておりまして、自分のBlogの記事にも記載いたしましたが、知らないサイトがかなりありました(殆ど知らないサイトです)。
xpotechiさんの記事でも書かれていた「Pageflakes」は私もかなり気になりました。

スタートページの概念も今後いろいろ変わっていくんでしょうねぇ・・・

ではでは。

xpotechi さんのコメント...

>satomi氏
お、クリスマス休暇明け?
そのトピ待っておりますよ。国家の貧富の差や資源の占有によって自分の生活が成り立っている事実を無視して、単純に「世界平和」だの「人類皆兄弟」などと連呼する連中に捻りの一発をゼヒ。

>りょーちさん
はじめまして!拙ブログを読んでくださっていたとは感謝感謝です。早速貴ブログ拝見させていただきました。ブログ2年半なんですねー。また寄らせていただきます。
ところで、これ、ノミネートの分とOffice2.0関係入れたら、てゆーか、総本山のProgrammablewebでは1389mashupsと表示されてます。全部米国発ではないにせよ、日米の人口比が1:3なので日本でも400前後くらいはないとねえ。

りょーち さんのコメント...

こんにちは、りょーちと申します。
>日米の人口比が1:3なので日本でも400前後くらいはないとねえ

同感です。日本でもベンチャーを含め、いろいろな会社でそれなりに出しているとは思うのですが、日本発で世界に向けて誇れるようなサービスと言われるとそんなにないのかなあと感じます。

日米の人口比が1:3とはいえ、日本語と英語の利用者の比率は英語がかなり凌駕しておりますので、このあたりの言語の壁が大きく起因しているのではないかと推察いたします。

ただ、土壌はできつつあると思いますので日本(というかアジア勢も含めて)是非是非頑張りたいところですね。

また(こっそり)お邪魔いたします。
ではでは。