MSの次なる野望?

OLPC(One Laptop Per Child)の生みの親、ニグロポンテ氏がNetEvents conferenceで明らかにしたとのこと。MicrosoftはOLPCでWindows XPを走らせようと試みていると。ちなみに試作機はLinuxだ。技術的には、SDスロットだけしか搭載しないのでこれをどう克服するか(Windowsを如何にコンパクトにできるか)ということと、もうひとつ大きな障害が。それはオープンソースにしなければいけないということ。MSは後者で葛藤しているとのこと。
ニグロポンテ氏は「OLPCにWindowsは不要」と言い切っている。

OLPCが現実化するにつれ、Microsoftは是が非でもWindowsを持ち込みたくなる(持ち込まねばならない)のはわかる。Googleにやられる前にね。

1 件のコメント:

ちゃめ さんのコメント...

 面白いです。
 ネグロポンテ氏の決然とした態度に、拍手したくなったりして。