ホットドッグとマスタード

雑感。ロングテールのChris Andersonが、Nick Carrと彼が書いたGoogle 10周年に寄せて書いた記事をベタほめしててなんか気持ち悪いんだけど。"the most insightful thinkers"とか"always worth listening to"とか、おいおい(笑) 

それはさておき、
Rough Type: Nicholas Carr's Blog: The Omnigoogle:
Because the sales of complementary products rise in tandem, a company has a strong strategic interest in reducing the cost and expanding the availability of the complements to its core product. It’s not too much of an exaggeration to say that a company would like all complements to be given away. If hot dogs became freebies, mustard sales would skyrocket. It’s this natural drive to reduce the cost of complements that, more than anything else, explains Google’s strategy.
の赤字部分はいい例えと思った。「ホットドッグがタダになったらマスタードはバカ売れ」。Googleのビジネスモデルのことを言ってるんだけど、ホットドッグとマスタード、家と住宅ローン。付随して消費されるサービスや財とコストの関係をGoogleはよく考えている。普通の企業はホットドッグに付加価値つけて売ろうとしてるんだよね。Microsoftも然り。こう考えると、Microsoft vs Googleというような見方がしっくりこない理由が見えてくるような気がする。尚、このNickの記事は昨年書かれた「The Google Enigma」の続編になるみたい。

そりゃそうと、「Big Switch」の評判はいまいちみたいなので買ってないんだが、ペーパーバック版が来年1月に出るらしい。ペーパーバック化してもあんまり安くならないみたいだね、


0 件のコメント: