ぶら下がりの違い

ジャーナリストJoe Kleinによる、オバマ候補密着の報告。内容は先週のWhy Barack Obama Is Winningという記事にある通りなんだが、彼が22ヶ月の間に成長していることがうかがわれる。

内容は過去のニュースで既出だが、
  • 7月のイラク視察の際に地図とパワポを駆使して抵抗するデービッド・ペトレアス(David Petraeus)駐イラク米軍司令官に対し、アフガニスタンの状況やイラクの戦費など国家セキュリティの観点で説得し、今や2人はアフガニスタンに関してタリバンと交渉する可能性に言及するまでになっていること
  • この20年の米国経済を支えてきた「消費」というエンジンは次の20年では機能せずサブプライムというターボチャージャーも終わったとし、新しい経済のターボチャージャーとしてはApollo Projectといった代替エネルギー政策を位置づけ、大統領になった際はこれを第1優先にする
など、短期的な視点だけでなくオバマなりのBig Pictureに基づいて大人の発言をしていることを好意的に伝えている。DiggやRedditでも上位ランキング。




と、別にオバマ氏優勢になってきたからこんなこと書いているわけじゃなくて、単なる長い前フリ。僕自身はどちらの候補がいいか本当のところ、よくわからん(汗

何が言いたかったかというと、同じぶら下がりでも日米でこうも違うかってこと。ホテルのバーが安いの高いのとか。もうちょっと読むに値する記事書けないかねえ。

*追記*
とか書いてたら、まただ。
一国の首相や大統領が知っているべき話でもなかろうに。70歳のおじいさんが大多数知っているとも思えんが。



0 件のコメント: