阪急復活

プロ野球のことではない。ハイソな阪急神戸線が再び復活したというニュース。
ここんとこ財務状況で苦しんでいたせいで新型車投入は10年ぶりとのこと。その間にJRにさえ液晶テレビが付く始末。阪急神戸線は芦屋や夙川など山の手を走るのでキレイなんだけど、車両は最新鋭ではなかった。

鉄道マニアではないので型番を出すのは気が引けるが、今回投入されたのは9000系というやつで、液晶画面が付いてるっていうんだけど、そんなことは他でもやってるしどうでもいい。報じるべきはその質感なのだ。本当のお薦めは同系列の9300系。2003年から京都線(四条河原町-梅田間)の快速として走りだしているが、下記のWebを見てほしい。
間接照明、タイル調通路(他でもあるけど)、木目調肘掛などなど。乗っている人にはもはや日常の風景だろうが、出張ついでに関西に行った人は9300系、9000系に是非乗ってみてくだせい。あと外人さんかな? 特急料金払わなくても、日本ではこんな豪華な電車に乗れる......

でもやりすぎると日本人の異常さをアピールすることになることだってある。豪華さはまだしも、今以上に「清潔・潔癖」の方に振れるとね。抗菌・防臭シート(つり革)とか空気清浄機とかね。あまり日本全体がキレイキレイっていう価値観に染まりすぎるのも考え物...。


清潔文化の誕生
スーエレン ホイ Suellen Hoy 椎名 美智 富山 太佳夫
紀伊國屋書店 (1999/05)
売り上げランキング: 261,587
おすすめ度の平均: 4
4 「清潔」ってなんだろう
4 楽しいが、注が必要かと

2 件のコメント:

ちゃめ さんのコメント...

 神戸線沿線住人のちゃめです。
 私も先日、近所の踏み切りで9000系を見ました。
 阪急としては内装でJRとは差別化を図りたいのでしょうね。
 スピードでは勝てませんからねぇ(笑)。
 私は急ぐ時はJR、落ち着いて静かに電車に乗りたい時は阪急と使い分けています。=)
 でも帰りは阪急ですね。
 坂を登る距離が短くなるので(笑)。

xpotechi さんのコメント...

JR新快速は確かに速いですね。昔、東京から出張で来た方と新快速で移動していた時、「うおー、はえー、すげー」と窓に張り付いていたのを思い出します(笑)