日本語版Googleのトップページデザイン変更

日本語版Googleのトップページデザインが変更された。Yahoo Japan対策なのだろうか。
Google Japan Blog:
本日より、Google 日本のホームページに、各種サービスへのリンクボタンを設置しました。
Googleの「検索ボックスだけ」というシンプルなトップページデザインにはPhilosophyがあったはず。それを捨ててまでやらざるを得なかったのか?好き嫌いの問題だろうが、僕はこのデザインは好きになれそうにない。

Googleともあろう企業なら、Super Crunchersにあるようなregression(回帰分析)やrandomization trials(無作為試行)のインフラは持っているわけだから、旧デザインと新デザインでテストをやって評価してから、本番導入すればよかったのではないか。

Super Crunchers: Why Thinking-by-Numbers Is the New Way to Be Smart
Ian Ayres
Bantam Dell Pub Group (Trd) (2007/08/28)
売り上げランキング: 2217


その数学が戦略を決める
イアン・エアーズ 山形 浩生
文藝春秋 (2007/11/29)
売り上げランキング: 113
おすすめ度の平均: 4.5
4 勘違いは禁物ですが・・・・。
5 直感時代の終わり
5 統計を実務で多用する人は必読


上の本の内容ですが、仮説検定というか、回帰分析や無作為抽出でのテストなんかは僕の周りの企業では「テストマーケティング」と称して既にやっていて、あまり驚きませんが、異なる業種業態での事例がこれでもかというくらい書かれていて面白かったです。

*Related posts*

*Update*
この情報によれば、昨年12月から無作為抽出でのテストはやってたみたいですね。失礼しました。でも、設定で旧デザインを選べるようにしてほしいと思うのは僕だけ?

0 件のコメント: