AppleがDRMフリー曲を発売開始

AppleがDRMフリーのコンテンツ、"iTunes Plus"を$1.29ドルでiTunes Music Store上で売り出す。256kbpsとクオリティも高い。EMIの曲が中心みたいだ。具体的には引用にある通り、ローリングストーンズ、ノラジョーンズ、ピンクフロイドやポールマッカートニーの初期のアルバムからの曲など。今までのDRM付き音楽も99セントで継続して売られる。
Apple Launches iTunes Plus:
CUPERTINO, California—May 30, 2007—Apple® today launched iTunes® Plus—DRM-free music tracks featuring high quality 256 kbps AAC encoding for audio quality virtually indistinguishable from the original recordings—for just $1.29 per song. iTunes Plus is launching with EMI’s digital catalog of outstanding recordings, including singles and albums from Coldplay, The Rolling Stones, Norah Jones, Frank Sinatra, Joss Stone, Pink Floyd, John Coltrane and more than a dozen of Paul McCartney’s classic albums available on iTunes for the first time.
また、あわせて無料コンテンツ"iTunes U"も発表された。これは、UCバークレー校やMITなど米国のトップクラスの大学の学校案内や講義、言語レッスン(おお!)、研究所のデモやキャンパスツアーなど面白い教育領域からなる。

先日のJASRACが起こした訴訟の判決の件で、よせばいいのにサイトを見ていたらFAQが掲載されていた。曰く、朝夕のチャイムとかビデオに偶然収録されてしまった場合でも「お手続」が必要なんだそうだ。手続きが不要ないし不確定な文脈では「お手続き」、明らかに必要な文脈では「手続き」と微妙に使い分けているのがとっても姑息で怒りが倍増してただけになんとも言えない気分だなあ。

0 件のコメント: